< Prev   2017年05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 
カテゴリ お店・施設
投稿者 Yaginuma
お菓子のお城のような佇まいの『福島自然洋菓子ふるらーじゅ安積店』
今日は佐藤オーナーからの御依頼で、ガーデンメンテナンスにお伺いしました。
(*もともとの造園工事は皆来庭で造ったものではありませんが・・・)


そろそろ本格的な秋の気配。真っ赤な実のなる木や紅葉した樹木などがたくさん植えてあります。


お店の正面には寄せ植えのテラコッタや車輪などがディスプレイされていました。


枕木風の飛び石の間に植えてある芝生を短く刈り込んだり、枯れた木の枝などを剪定していきます。

  

もともとおしゃれな庭のつくりなので草花をちょっと増やしたり、伸びた枝をマメに切ってあげれば、もっとおしゃれな庭になると思います。
それは僕達、皆来庭の得意とする部分でもあります。

お店で売られているさまざまな色や形のケーキたちにも負けないくらい、繊細でおしゃれな庭にしてあげたいなぁ〜と思いました。
            Yaginuma

☆お店のご紹介
福島自然洋菓子ふるらーじゅ安積店
郡山市安積町長久保3−3−4
TEL(024)925−9336 





洋菓子でお馴染みの、フルラージュ朝日店が今月、9月29日桑野本店へと生まれ変わります。
その店舗移転にともなう植栽工事が今日完了しました。
今週末のOPENに向けて、連休も関係なく働くパティシエさん達、佐藤オーナーもお忙しそうで植栽中はなかなかお話もできなかった。
ちょっとイメージと違うところもあるかなぁ・・・と少し心配だったが、工事後、佐藤オーナーから『どうもありがとうございました、化粧砂利と植栽のバランスは気に入りました。私が好きな感じです。』と言って頂いたのでとても嬉しかった。

では、工事中の風景から完成までご紹介します。


お店の入り口です。幅の狭い花壇でしたが、充分な土壌改良をしたので元気に育つでしょう。店舗移転の張り紙もあります。



9/21日、植栽工事スタートです。まずは大きい樹木から、アズキナシ、シャラ、エゴノキなどを植えていきます。ここはお店の中から視覚的に楽しむ中庭です。



『木洩れ日のパティオ』完成。ぎっしり植物を植えるのではなく、少しスペースを空けて植栽しました。



お店の中には、もうお客様用のテーブルがセットされています。ここに座るとこんなふうに見えます。



駐車場にも花壇があります。コニファーと草花と化粧砂利で仕上げました。


☆佐藤オーナーはじめ、パティシエの皆さん、OPENまでの準備、そしてOPENしてからも大変だと思いますが頑張って下さい。

『ふるらーじゅ安積店』の方もきれいなお庭を維持できるように僕達も頑張りますので、これからもよろしくお願い致します。

たくさんのお客様がおいでになる事、お祈り申し上げます。

         Yaginuma









8月31日金曜日: ヴィヴァンヴェールにて



雨の朝、時間は午前9時〜



住宅地のあわただしい朝が終わると・・・



聞こえるのは地面や葉っぱにはじく雨粒の音だけ・・・



カラフルな花盛りもいい、真っ赤に染まった秋もいい・・・



だけど、しっとりと濡れた雨の日もいい。



Vivant vert:フランス料理&手作りウエディングのレストラン

           



喜多方市の老人ホームから中庭の造園工事の依頼があり、1週間ほど通いました。
御希望は小さな森の中に、実のなる木やハーブがうっそうと茂っている感じ。また、ベンチに腰かけながら水の音が楽しめるようなイメージで。との事。

今まで、店舗の花壇や中庭のデザインはいくつか手がけましたが、今回のような施設は初めてだったので自信と不安が混じりながらも、なんとか仕上げることが出来ました。



完成後。水の音は噴水(上から水滴が落ちて水音が聞こえるタイプ)を設置。



正面から。地面にはもともとコンクリートが打ってあるので、枕木を2〜3段積み上げ、土を盛って樹木や草花を植栽した。



通路の幅と花壇の高さは、実際、車椅子などを見せてもらってから決めた。通路の両側にはブルーベリーやラズベリー、ハーブなども植えてあり収穫の楽しみも味わえるはず。



建物内の待合室からはこんな感じに見えます。


これが現地調査時の写真。下地がコンクリートのため、スタッフの方がコンテナをおいてディスプレイしていた。


☆今回のような仕事がない限り、なかなか老人ホームに出入りする機会もないので、いろいろと考えさせられた。
施設から一歩出ると周囲は豊かな森林が茂っており、造園中の公園(しょうぶ苑、敷地内のイベント広場)もあるが実際はお年寄りが自由に散歩するのは危険なので夏祭りなどのイベントがない限りは外には出ることがない。
今回、造らせて頂いた庭で少しでも自然を身近に感じてくれたら・・・と思いました。

また、担当の夏井さんはじめ、職員の皆さまにも資材搬入時には大変気を使って頂けた事とても感謝しております。

☆今回の仕事がきっかけで、喜多方市内の保育園のほうもリガーデンのアイディアを出して欲しいとの事。
次は園児たちのための庭づくり・・・
に向けてまずはプランを練らないと・・・。

                    Yaginuma















5月11日にこのブログでご紹介したTALOログさんの庭が完工しました。最初にガーデン工事の依頼があったのが昨年の暮れでした。その時はまだ建物もなくただのまっ平らな土地があるだけでした。
それから基礎工事、ログの組み上げ、大工工事、屋根ふき、塗装工事、電気工事などログハウスが出来上がっていく様子を間近で体感させて頂きました。僕達は仕事柄、住宅が建つという光景はそれほど珍しくはありませんが、更地の状態から完成までというとなかなか立ち会える機会は多くありません。
その中で、ガーデン部分を「皆来庭」として参加させて頂けたことは本当にありがたく、感謝しております。


今月のはじめ、庭の中央に黒土を入れました。黒土は有機質が豊富で保水性もあるので植物の成長を助けてくれます。周囲の土とはまったく色が異なります。


ベースとなる地形はゆるやかな凹凸をつけて。最終的には緑の芝や植栽に覆われていくはず・・・
通路は建物に合わせて明るい色のミックスレンガを選びました。


植栽はブルーベリーやハーブ類、季節の花イエローデージーやイソトマを。芝生も貼り終えた。
大工さん達も追い込みの様子、雨天でもシートを張って作業しています。


中央に植えるメインツリーはTARO福島オーナーの矢吹社長御希望のケヤキ。枝ぶりや樹高を見ながら御自分の目で決めたいとの事。ここは西白河郡「なめつ園芸」。植木屋さんまでみんなで探しに来ました。
樹高は約8mくらい、ログハウスの2階の屋根まで届きそう・・・。


そのケヤキが4日後に現場に到着。重いし、デカイし、早く植えて、たっぷり水をあげたいし・・・ちゃんと根付いてくれるだろうか?心配・・・
植木の向きが風で変わらないようにロープで手前に引いているのは僕です。片手でロープ。片手でカメラ。


夕方、照明が灯いていたので思わずパチリッ。庭はいろんな表情を見せてくれます。雨の日、夕やけ、朝霧、雪景色、初夏の太陽。照明もそのひとつ。


高原の爽やかな風に吹かれるログハウス・・・・・
のようなイメージ・・・
こんな楽しい仕事。僕は生涯やめられません・・・
                         Yaginuma

TALO福島 ログハウス展示場
住所:郡山市喜久田町前北40
電話:024−991−5552
営業:9:00〜18:00(水曜定休)
*カフェコーナーあり
URL: http://www.woodhills.jp

                  6月30日 OPEN!!!

昨日、喜多方市のエンドー花店さんにおじゃましました。おしゃれな建物と大きなケヤキの街路樹にはさまれるように庭があります。
2002年の夏に少し手を加えさせて頂きました。(当時僕はカザハナ福島という会社に在籍しておりました)
白い塗壁、枕木の駐車場、癒しの川、花壇植栽など。
工事期間中に2階の部屋に1泊させてもらい、翌日早朝から庭いじりをしたのを思い出します。


石畳を通り、左側がお花屋さん。正面には「ビストロ35」というイタリアンレストランが移店してきたそうです。


癒しの川。石は遠藤社長の自宅、熱塩加納村から運んで造りました。植木鉢から湧き水のように水がでてきます。循環システムです。


ビストロさんのおしゃれな看板と店内。ナスとキノコのパスタをごちそうになりました。名店の味です!





先日、このエンドー花店さんの庭を見て、喜多方市の老人介護施設の方が訪ねて来られたそうで、コンクリートの中庭をどうにかしたいと相談をもちかけられたそうです。
この後、遠藤社長とそちらの施設へ現地調査に伺いました。

6月 2日土曜日: 三春ガーデンファーム

先日、三春ガーデンファームに雑草処理で応援に行ってきました。
僕が94年から01年までの7年間を過ごした思い出の場所でもあり、ここでハーブと出会い、ガーデニングの基礎を学びました。
今回は、4日間のお手伝いでしたが楽しい時間を過ごさせて頂きました。


夕方のアップルデッキ。この日は火曜日(定休)だったのでひと気はありませんが、苗棚には販売用のラベンダーがたくさんありました。


グリーンショップ。おしゃれなガーデン雑貨やよそではちょっと手に入りにくいハーブ苗なども販売しています。


アイスクリーム小屋の前に見事なフォックスグローブが咲いていました。ラベンダーソフトクリームはお勧めですよ!


アップルデッキにはちょっとした遊び心があちこちにあります。楽しいガーデニングのヒントになるかも!?


広い園内、除草が間に合わない場合は、先に草刈機でおおまかに刈ってしまい、残りを手作業で行います。相棒の鈴木君です。

*これからの時期はハーブの最盛期。梅雨の晴れ間をねらってお出かけしてみてはいかがでしょう?
三春ガーデンファーム:024−942−7939(火曜日定休)


定期的に手入れさせて頂いているヴィヴァンヴェール。今年の年明けに作った小道も樹木の葉が茂るととてもいい雰囲気になってきました。
昨年できたチャペルとヴィヴァンヴェールをつなぐ森の小道です。


今年1月、小道の製作中。落葉樹と枯れ芝の景色ですが、緑が茂り草花が咲く初夏をイメージして造っていました。


小道を抜けると青い芝に青い屋根のヴィヴァンヴェール


中には披露宴用のテーブルがセットされていました。今週末に婚礼があるようです・・・。






郡山市喜久田町(大羽大学通り4号バイパス方面)に建築中のTALOログさん(モデルハウス)の庭づくりが始まりました。
オーナーの矢吹社長が、僕達、皆来庭の造った庭【ガーデンストーリーで御紹介した村木邸の庭】を見て、興味を持ち、御連絡いただいたのが昨年の12月頃でした。
たくさんのお客様がいらっしゃると思うし、車の通行量も多いのでどんな感じに仕上がるか自分でも楽しみです。


昨年12月、建築予定地にはまだなにもありません。


今年3月、庭の打ち合わせ中。TALOログのオーナー矢吹社長と自分です。お互い庭に対するイメージを話合いました。


寒い中、職人さん達が、ログハウスの基礎コンクリートを打っていました。


ナチュラルな庭に仕上げたいので、いろんな人を通じて、みずきヶ丘という住宅地から出た白い石を譲って頂き、2tユニックで運びました。



ジャ〜ン!!!TALOログハウス正面です。明るい色あいで、カッコよくお洒落なタウンログです。
本日、庭づくりがスタートしました。


今日は石組みまでですが、少しづつ庭が出来上がる様子を随時アップしますのでお楽しみに!
展示場OPENは6月下旬です!!





ここは郡山市在住の絵かきさん、村田旭さんのアトリエの庭です。
周囲は木製のフェンスで囲われていて、ツル植物が巻きついたり、大きな樹木が植えられていたりしてとてもプライベートな空間です。
皆来庭で庭づくりをした訳ではありませんが、縁があって約2年ほど前から月に一度、お手入れをしています。
植物に囲まれた中での庭作業はとても楽しいものです。









毎回、ウッドデッキのテーブルにコーヒーを出してくださるので、遠慮なく頂きながら庭仕事をしています。
村田さんの描いた絵や、建物の中(室内もオシャレなんです)もいつかご紹介できればと思いますのでお楽しみに!